スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In Lingua Mortua 「- Bellowing Sea - Racked by Tempest」

2008.11.18.Tue.22:36
2007年 Norway

某店にて中古で発見。ん?このジャケはホントにBlack Metalか?なんだかDark Ambientっぽい雰囲気だよな?と思いつつ「知らんバンドは買え!」が信条(笑)の俺はとりあえず購入。
んで聴いてみたら……コレがなかなか個性的&ハイクオリチーなBlack Metalですた!!
サックス、ヴァイオリン、フルート、Key入りツインGt8人編成Progressive/Orchestral/Symphonic Black Metalバンドの1stアルバム。全8曲49:31。ASMEGINやSHININGのメンバーも在籍している。
#1は交響曲チックな重厚で壮大なイントロダクション。この大仰さが堪らんね!!
#2はけっこうマトモなSymphonic Black的導入部。ピアノの音と共に爆走!!ヴァイオリンが劇的に乱入!!イイぞイイぞ♪中間部での重厚なチェロもイイですなあ?。
#3は初っ端からblast爆走!!暴虐度満点!!しかし30秒ほどでSymphonic BM的スローテンポに。おっ!!2:01からのKeyワークは実に往年のProgressive Rock的だ。イイ!!4:25からのKey&ヴァイオリンがまたスリリングで美しい!!そしてまたblast爆走!!堪らん!!じょばああああああああーーーーーーーーーっっっ!!!!!
#4はイントロでリリカルで美しいピアノとヴァイオレントblast爆走が交互に襲ってくる!!この対比がすんばらすい!!!この曲でもピアノは大活躍ですな♪おおっ2:22からまたもやProgressive Rock的Keyワーク!!
クラシカルなblast爆走から始まる#6も激エキサイティング!!2:15からのヴァイオリン&2ビート疾走もカッコイイ!!
#7もヴァイオリンソロパートが聴かせますよ♪かのKing Crimsonを彷彿させるパートもある11分の大作!!
ラスト#8ではサックスが聴ける。サックス&blast爆走!!これは新鮮だ(笑)。

マイスぺ見てもらうと、影響を受けたバンド群が多岐に渡りすぎ(笑)で凄まじい。セックス・ピストルズとかビーチボーイズとか、ハービー・ハンコックまである(ホントかよ爆)。個人的にはイタリアン・プログレのMuseo Rosenbachが入っているのにニヤリとしてしまった。あ、やっぱDevil Dollも入ってんのね。ちょうど今、コレはBlack Metal版Devil Dollだよな?なんて思ってたとこだ(笑)。
ひたすら荘厳で劇的でクラシカル、それでいてBlack Metal的爆走&暴虐性をも持ち合わせている素晴らしいアルバム!!!


img649.jpg
official
myspace
スポンサーサイト

InThyFlesh 「Lechery Maledictions And Grieving Adjures To The Concerns Of Flesh」

2008.10.13.Mon.11:12
2007年 Portugal

長げえ?タイトルだな(苦笑)。
ツインGt5人編成Black Metalバンドの2ndアルバム。全10曲49:19。
blast爆走しまくるDr、ややPrimitive寄りの薄っぺらく荒々しいGt、高音絶叫Grim Voを軸に据えたRaw Blackを土台に、メロウで潤いのあるドラマティックなGtリフパートをまぶしたMelodic Primitive Blackをクリエイトしている。
特に#2のメロディック爆走イントロは最高にドラマティックでカッコイイ!!本編2:08でのスロー?ミドルからblast爆走に移行するパートにも背筋がゾクッとするような魅力を感じる。
#3序盤の薄メロ2ビート疾走パートもジワジワと心に沁みてくる感動がある。
#4はBaを前面に出したスローテンポの異色な曲。しかしやはり哀愁感漂うメロウなGtが耳に残る。
あうっ#5もイイ!!ミドルがメインの曲だがこの哀愁メロGtが堪らんよ!!
#9もスリリング&ドラマティック爆走チューン!!

薄っぺらGtによるPrimitive系にもかかわらず、どの曲にも哀愁感の横溢するメロディ/フックが満載である!!プリ系でこれほど気に入った音源はかなり久しぶりかも?まあプリマニアに言わせればプリとは言えん音かも知れんがね。
Satanic WarmasterやSARGEISTといったフィンランド辺りのメロウなPrimitive Blackが好きな方は勿論、Fast Melodic Black好きにもおススメだ!!


img637.jpg
official

ISKON 「Dok Gniev Proslosti Navire」

2008.08.09.Sat.16:39
2007年 Serbia

Valarh氏(Gt、Vo、Ba)とMiroslav Maikic氏(Session Dr)によるBlack Metalユニットの1stアルバム。まあほとんどValarh氏のひとりプロジェクトだな(笑)。全7曲47:37。ちなみに同じセルビア産で同名Black/Death Metalバンドが存在する。まぎらわしいな(汗)。こちらはKey入り5人編成で、音源はまだリリースしていない。
#1はいきなり大作チューンで、なんと11:51もある(汗)。他では#5が9:43と大作だが、あとは6分前後の曲で占められている。
#1序盤はスローテンポから始まり、1:55からメロウなGtフレーズ(ややスカスカだが)と共に2ビート疾走!!Voは中低音の吐き捨てタイプ。またスローテンポに。スローテンポが多いと自然に大作になるよな(苦笑)。その後再び疾走?スローテンポを繰り返す。ん?正直、やや単調な曲構成の感は否めないな(汗)。しかし7:41から突如MaidenチックメロGtが爆走!!ここはハッとさせられるほどカッコイイ!!すぐ終わってしまうのが残念……またタルい展開が続くのだが、終盤近く11:01からの再びMaidenチック2ビート疾走にハッとさせられる。この2か所は素晴らしい!!Valarh氏はきっとMaiden好きなんだろうな?と思わせる曲だ。しかしもっとコンパクトにまとめても良かったのでは?(苦笑)

他の曲もMaidenの影響を感じさせるGtフレーズが印象的な、時折スローパートを交えた疾走Fast Black Metalである(#6もかなりインパクト大のMaiden的爆走Black!!)。個人的にスローパートはややタルかったが、疾走パートにおいて耳をひくカッコイイ箇所も幾つかあったので、まあなかなかの出来といってよいかな。
次作にも期待したい!!


img607.jpg


ISTAPP 「Koldens Union」

2008.06.06.Fri.22:50
2007年 Sweden

トリオ編成(GtがVo兼任)Black Metalバンドの、以前発表した2本のDemoにボートラ4曲を追加したもの。全10曲37:38。現在はDeath Metalバンド2つにも在籍している専任Vo(Baの兄弟と思われる)が加入し、4人編成となっている模様。
薄めのメロディアスなGtリフ&フレーズ、爆走リズムを基本としたいかにもSwedishなMelodic Black Metalをクリエイトしている。Pagan/Vikingチックな「オ?オ?オ?」詠唱パートもあり!!
#2イントロのリフやメロディ、2ビート疾走リズムなどは90年代Swedish Melodic Death的で、懐かしい薫りがする。
#7はあのHeathen Dawnを彷彿させる劇的哀愁メロ爆走チューン!!素晴らしい!!涙しながらヘッドバンギング!!!
#8などではKeyも活躍していて、北欧産ならではの魅力を産み出している。この曲の詠唱パートも印象的。
#9の詠唱パートは覚えやすい歌メロがやりすぎなまでにキャッチー(笑)。一緒に歌えるぞ(笑)。そのキャッチーさとMelodic Death的暴虐リフ・爆走リズムのギャップが魅力か。

比較対象としてはDISSECTIONやNAGLFARあたりが思い浮かぶが、リフ&リズムが軽くこじんまりとした印象を受ける(特にパタパタしたDrはマイナスか)ため、爆走パートが随所にあるにもかかわらず彼らほどの暴虐性は感じられない。良く言えばキャッチーで聴きやすい、悪く言えばアグレッションに欠けるといったとこか。
また、寒々しいGtメロや詠唱パートなどはWINDIRや初期VINTERSORGを想起させる。
メロディ志向のSwedish Black Metalが好きであれば楽しめるだろう!!


img132.jpg
official
myspace

INFUNERAL 「Sepulchral Monument」

2008.04.29.Tue.12:29
2007年 Sweden

ツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Black Metalバンドの1stアルバム。全10曲33:13。
ほぼ全曲ひたすらに爆走しまくるFast Blackで、GtリフにはややThrash的な、適度な厚みと重みがある。Voは中低音吐き捨てVoiceで、ややLow Growl寄りといってもいいだろう。
スウェーデン産らしく単調にならない程度に随所にメロディが織り込まれているが、決して甘口にはならない、「メロディアス」とは呼べないレベルの抑えたメロディ導入が印象的である。#3などはなかなかドラマティックでカッコイイ薄メロ爆走チューン!!終盤3:37爆走パートで聴けるメロもイイ!!
#4は唯一、全編ミドルテンポの気だるい感じのOld Heavy Metalチック?な曲。アルバム中盤にこういう曲を持ってくるところに、一本調子にならないよう気を使っているのが窺える。大した曲じゃないけどね(笑)。手抜きクサいし(爆)。
#6もなかなか燃えるハイテンション薄メロ爆走チューン!!
うおっ#9は結構Fast Melodic Blackと呼んでもいい感じの激メロディック爆走チューン!!序盤のGtメロが鳥肌モノにドラマティックで最高!!0:45で一旦ミドルテンポになるが、すぐまた疾走&爆走!!個人的にはこの曲がキラーチューン!!堪らん!!

スタイルとしてはWATAIN辺りに近い感じだろうか。
ほぼ全編怒涛のごとく爆走しまくるSwedish Fast Black!!


img124.jpg
official
myspace

ILLIDIANCE 「Insane Mytheries To Demise」

2008.02.02.Sat.15:24
2005年 Russia

ジャケ&ロゴはDeath Metal風だが、れっきとしたBlack Metalアルバムである。
Key入りツインGt5人編成(Gtのひとりが絶叫Scream、もうひとりのGtがクリーンVo兼任と思われる)Symphonic/Melodic Black Metalバンドの1stアルバム。全9曲35:29。
初っ端からメロディアスでドラマティックなGtが素晴らしいイントロダクション!!スぺーシーなKeyも素晴らしい!!
なのに何故か
最後のところで曲がいきなりブチ切れる!!(号泣)
で#2に続く。メロディック2ビート疾走がエキサイティング!!ミドルパート1:16からクリーンVoが歌いあげる。2:47あたりで曲が静止しBaソロパートになり、その直後メロディックblast爆走!!!ここ失禁級のカッコよさ!!ぶしゃあああああああああーーーーーーーっっっ!!!
#3もメロディック2ビート疾走で始まるイントロがカッコイイ!!うほっそのままメロディックblast爆走!!!た、堪らん!!!中間部でのクリーンVo&爆走パートが美と暴虐の落差を見事に描き出している!!
……しかしこの曲も途中で
ブチ切れ!!(怒)
なんでこんなアルバムの作り方するかなあ?せっかくこんなに素晴らしい曲書いてるのに台無しじゃないか!!もう一度作り直してほしいよ!!
以降の曲もクリーン/ノーマルVoを随所に導入した、メロディックGt&シンフォニックKeyがblast爆走と共に乱舞するハイクオリティMelodic Blackチューンが続く。#6のクリーンVo&blast爆走パートも堪らん!!

曲がブチ切れる2か所にさえ目をつぶれば、捨て曲なしの悶絶級に素晴らしいSymphonic/Melodic Black Metalアルバム!!
しかし頼むよホントに……。


img079.jpg

official
myspace

Infernal Angels 「Shining Evil Light」

2007.01.03.Wed.09:38
2006年 Italy

ツインGt5人編成Black Metalバンドの1stアルバム。GtのひとりGeny氏は、Handful of Hateのメンバーでもある。333枚限定。
#1はMelodic Death的でもある鋭角的で適度にザクザクしたGtリフが印象的。0:27からメロディック2ビート疾走!!いきなりカッコイイ!!(笑)2:31でいったん小休止し、叙情的スローパートへ。3:12からミドルテンポで再開するが、後半は盛り上がらずこのまま終わる(汗)。
#2は不気味な静けさを持つイントロから0:41でblast爆走!!1:01でミドルへ。2:23からのMelodic Death的ともいえるGtメロディがなかなかよい!!2:43で爆走!!その後叙情的スローパートと爆走パートが繰り返される。
#3も静寂なスローパートから始まる。1:22からの「溜め」がやたらカッコよく、この後blast爆走か?と期待させるが、ん?ミドルテンポで残念。ここは是非爆走or疾走して欲しかったな?。てかこの曲は全体的にロウテンションのミドル?スローチューンでした。
#4は0:48からの薄メロblast爆走が堪らん!!中盤は叙情的ミドル?スローになるが、2:47から再び薄メロ爆走!!ここ激エキサイティング!!その後はまたミドルテンポに。
#5は映画音楽的ともいえる壮大かつ荘厳なイントロから始まる。途中から入るピアノも美しい。0:46からメロウなGtと共に本編が始まる。ミドルテンポ。ここでのVoはややLow Growl寄りか。1:53からblast爆走!!2:34で急にスローテンポになり、Keyと宗教音楽的?詠唱パートに。この辺りは実にイタリア的だ。4:00からまた爆走!!
#6も叙情的でスローテンポなイントロから始まるが、0:27から即薄メロblast爆走!!20秒ほどですぐスローテンポに戻る。2:07から再び爆走!!2:26でミドルになるが、ここのGtメロディがまたイイ!!
叙情的&スローな導入部から始まり、部分的にblastパートを織り込む……といった曲構成が得意なようだ。
#7では0:41で葬送行進曲のメロが挿入されている。1:42からのメロディックblast爆走がカッコイイ!!
#8はミドル?スローの8分近くある大作。
ラスト#9「At the Heart of Winter」はIMMORTALのカヴァーだそうだが……なんかACCEPTみたいな曲だね(笑)。

メロディとアグレッションの決して甘すぎないブレンド具合が見事なMelodic Black!!


img396.jpg

official
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。