スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOLKVANG/WODENSTHRONE 「Over the Binding of the Waves」

2008.11.24.Mon.10:51
2008年 Belarus/UK

当ブログではもうすっかりおなじみの(?)Wind氏によるひとりPagan Black MetalプロジェクトFOLKVANGと、UK産Key入りツインGt6人編成Heathen Black MetalバンドWODENSTHRONEのsplit盤。全8曲46:18。
#1?4がFOLKVANG。
#1は雨、雷鳴のSEと共に始まるBURZUMチック薄メロPrimitive Gtリフ&スローテンポのインストイントロダクション。
#2はPrimitiveメロディック爆走からスタート!! ポコポコいうスネアが迫力に欠けるが、まあ文句は言うまい。1分弱でミドルテンポになり、Voが入る。Voも後ろに引っ込み気味だが、こういうのも全てプリ系ならではの醍醐味か? 再び爆走とミドルを繰り返す。うおっミドルパート1:59から哀愁のGtソロ乱入!! このメランコリックなメロ堪らん!! そして爆走!! ここでの薄メロリフもイイ!! 
#3も似たような感じの(汗)薄メロ爆走からスタート。ポコポコスネアが耳に残る(爆)。しかしこの曲の薄メロリフもなかなか勇壮な感じが出ててイイ!! 中盤でミドルに。しかしすぐ爆走!! 
#4「Aryjski Sturm」 はストレートなOld School Thrashっぽい疾走曲。STURMというバンドのカヴァーらしい。個人的には苦手なタイプの曲(汗)。
#5?8がWODENSTHRONE。
#6はPower Metallic 2ビート疾走で始まる曲。なかなかエキサイティング!! 0:38でミドルになりVoが入る。このバンドもVo引っ込んでるなあ(汗)。1:40あたりからの薄メロGtが印象的。2:09からblast爆走!! 2:41から再び2ビート疾走!!
ん?このバンドは全体的に重低音の効いたリフ&リズムはなかなか迫力があるが、メロディの魅力が弱いかな。あまり印象に残らなかった。UK産はCOFやBal-Sagothのような例外を除くとメロは淡白なバンドが多い、という印象があるな。

というわけで俺個人としてはFOLKVANGのほうが気に入っている。Drに関してはWODENSTHRONEの勝ちだが(笑)。Fast Black好きにはWODENSTHRONEのほうがいいかもな。


img636.jpg
FOLKVANG official
WODENSTHRONE myspace
スポンサーサイト

Mind Propaganda/ISMARK 「Naturgewalten」

2008.05.25.Sun.11:34
2006年 Ukraine/Germany

詳細不明の(汗)Slavonic Heathen Black MetalバンドMind Propagandaと、ASKURORのThorkraft氏が在籍するトリオ編成German Black MetalバンドISMARKのSplit盤。全8曲45:21。Mind Propagandaのほうは2005年発表のDemoと同内容。
#1?4がMind Propaganda。
#1はなんだかR&Rぽいノリも感じる(汗)シンプルなOld Heavy MetalチックGtリフから始まる。イヤな予感がしたが(笑)0:53からバックにKeyが入り、ドラマティックな味付けをしてくれてひと安心。坦々とミドルテンポで進んでいくが、2:10でいかにもウクライナチックな印象的Keyワークから突如blast爆走!!ここイイ!!そしてまたミドルで曲が進んでいく。しかしこのKeyは魅力的だ。同郷のNokturnal MortumやロシアのAshen Lightにも通じる神秘性を感じる。
#2は爆走パート満載のアグレッシヴな曲。エキサイティング!!Key入りのミドルパートを挟み、とにかく爆走!!この曲もKeyフレーズが独特の魅力を放っている。後半のメロディック爆走もイイ!!
#4はなんだか中世チックな?劇的なインスト曲(男女コーラスなどは入っているが)。
#5?8がISMARK。
#5は地味なミドルテンポから始まるが(汗)0:48からスタスタと疾走!!その後実にムーディーなKeyが入り、1:36からシンフォニック2ビート疾走!!素晴らしい!!美しく疾走!!
#6、7はエキサイティングな薄メロ疾走チューン!!#5のようなKeyはフィーチュアされていない。
ラスト#8はイントロのGtメロが印象的。序盤ミドルだが、0:41から疾走!!隠し味的に使われているKeyもよい!うっすらと入る女性コーラスらしき声?(もしくはKey?)も効果的だ。しかし疾走しまくりの後、急激に曲が終わる(汗)。

インパクトはMind Propagandaのほうが強烈だったが、ISMARKも負けずに正統的な薄メロFast Blackをクリエイトしている。
Mind PropagandaはこのSplitの後、同じ2006年に1stフルを発表している。俺は未入手なのだが、試聴してみたところミドル?スローチューン中心な予感が……(汗)。
ISMARKは早くオフィかマイスぺ作って下さい(笑)。


img514.jpg
Mind Propaganda official
Mind Propaganda myspace

Ur Falc'h/Heretic Blood 「Sur Le Chemin De La Noirceur」

2008.05.24.Sat.00:16
2006年 Canada

Brume d'Automneでも活動しているAthros氏&Nordet氏による2人組NS Pagan Black MetalユニットUr Falc'h(以前はNORDMENという名で活動していた。2003年発表のDemoがCD化されている)と、Moribond氏&Arcannos氏による2人組Black MetalユニットHeretic BloodのSplit盤。全12曲64:20。
#1?6がUr Falc'h。ロゴかっこいい!
#1は軍歌っぽいリズムと「オ?オ?オ?」という勇壮詠唱によるイントロダクション。
#2はRaw Primitiveでありながらもメロウなリフと笛の哀愁メロディが印象的な曲。マウスハープも使用されている。リズムはスローテンポと爆走を交互に織り交ぜた構成。この曲でも「オ?オ?オ?」が聴ける(笑)。
#4もスローテンポに哀愁笛メロが心に染みる曲!!もの悲しいわ?。しかしその後即爆走!!哀愁と爆走の場面転換の妙が素晴らしい!!哀しみと怒り!これぞBlack Metal!!笛だけでなくGtもなかなか哀愁メロを聴かせてくれますよ♪
#5もイントロの哀愁メロと、それに続くいかにもPagan/Folkチックな田舎臭い(笑)メロがいい感じのスローチューン。
#7?12がHeretic Blood。
#7はKeyのみによるアンビエント調イントロダクション。
#8はUr Falc'hよりやや重いリフとスローテンポで始まり、徐々に疾走?爆走パートへと移っていく。3:50あたりでGtも泣きだし、メロディック疾走が堪能できる。しかしスネアの音が重いせいで、やや疾走感が殺がれてしまうのが残念!
こちらのHeretic Bloodは、リフ主体のTrue Blackという印象か。笛等は使用されず、あくまでGtオリエンテッドのスタイルといえる。薄メロではあるが随所にメロウなパートもあり、しっかりドラマ性も感じ取れる。個性こそないものの好感の持てる正統派だ。
ラスト#12もアンビエント調のアウトロ。

Ur Falc'hはこのSplitの後2007年に1stフルをリリースしているが未聴。
こちらもいずれ入手したい!!


img068.jpg
Ur Falc'h official
Ur Falc'h myspace
Heretic Blood myspace

STURMKAISER/VIDHARR 「The Army of Chaos」

2008.04.12.Sat.16:49
2007年 Italy

ツインGt5人編成War Black Metalバンド、STURMKAISERとツインGt4人編成(現在Vo不在?)Black Metalバンド、VIDHARRによるSplit盤。全8曲38:22。STURMKAISERはVo、Gt1名、Drの3名があのDRAUGRのメンバーでもある。
#1?4がSTURMKAISER。
#1はいかにもWar Blackらしい剣を打ち鳴らす音によるBattleなSEで幕を開ける。勇壮でメロディアスなGtにミドルテンポ。Voはかなり高音の絶叫Scream。1:40からblast爆走!!不気味なコーラスを伴う2ビート疾走パートもエキサイティング!!
#2も凶悪爆走チューンだが、スローパート1:59からのGtメロが叙情的でイイ!!後半3:40からのメロディック爆走はまさにDRAUGRを彷彿とさせるカッコよさ!!!堪らん!!
#3も爆走チューン!!ミドルパート1:17からのツボ突きまくり勇壮Gtメロディに悶絶!!お前らも実は日本人か?(爆)3:07からの詠唱も印象的。
どの曲も暴虐爆走Fast Blackなのだが、随所にDRAUGRを想起させる印象深いGtメロディが導入されている点が魅力的なバンドである。
てか、あんまDRAUGRの曲と区別がつかん(笑)。
#5は同じイタリーのGothic/Funeral DoomバンドConsummatum Est(VIDHARRのメンバーと関わりがある)のメンバーによるインターミッション的インスト。なかなか劇的でよい!!
#6?8がVIDHARR。
こちらも爆走Fast Blackだが、Gtリフは抑えめで、暴虐度は若干STURMKAISERより低い。メロウなパートもあるが、STURMKAISERほどのインパクトはない。故にアグレッション、メロディともにSTURMKAISERより落ちる印象(笑)。
しかし決して悪いというわけではない。正統的なスタイルには好感が持てるし、#8の薄メロ疾走パートなどはなかなかだ。

なかなか良質なBlack Metal Splitだと言えるだろう!!


img092.jpg

STURMKAISER official
STURMKAISER myspace
VIDHARR official
VIDHARR myspace

ULVHEDNER/GALDRER 「Ferdasyn/Trolldomsanger」

2008.01.19.Sat.11:14
2006年 Norway

Key入りツインGt5人編成(GtのひとりがVo兼任)Black MetalバンドULVHEDNERとアコギ専任者入りツインGt4人編成(GtのひとりがVo兼任)Black MetalバンドGALDRERのSplit盤。全10曲43:58。
#1?5がULVHEDNER。
Pagan Metal+Norwegian Blackとでもいうべき作風か。ミドルパートが主体だが爆走パートもある。ミドルパートでは詠唱や語りといったPagan風な箇所が散見されるが、爆走パートはNorwegianな荒涼感と攻撃性に満ちている。主にミドルパートでメランコリックな素晴らしいメロディを聴かせてくれる。特に#2、3あたりで聴けるGtメロは哀愁炸裂で素晴らしい!!この作風は……WINDIRあたりが近いだろうか?
#6?10がGALDRER。
こちらもミドル主体のBlack Metal。ただGtリフはDoom Metal的というのだろうか?へヴィな、沈み込むようなリフだ。メロディアスに聴かせるパートもある。しかしリフ&リズムが坦々としたものの繰り返しでFastパートもなく、少々退屈に感じるところもある。

個人的にはULVHEDNERのほうが好みだったかな(笑)。


img040.jpg

GALDRER official

Dark Armageddon/Thy Majesty 「United By Hellfire」

2007.11.03.Sat.08:41
2006年 Germany

ツインGt5人編成のDark Armageddon、4人編成のThy Majesty(イタリアのMelodic Power MetalバンドThy Majestieと混同されないよう注意)によるsplit盤。全10曲54:15。Thy Majestyは1999年の1st「German Black Metal Art」(素晴らしいタイトル!!笑)以来、久々の音源ということになる。
#1?5はDark Armageddon。
#1は初っ端から怒涛のFast Melodic Black炸裂!!メロウに爆走!!2:09からの薄メロblast爆走が堪らん!!激ドラマティック!!さらにミドルテンポになり、2:54からGtソロが始まるのだが……コレが悶絶級にクサい!!特に3:04のくだりで……号泣!!感動!!このバンドやっぱ凄ええええ!!!
#3の中間部のソロにもハッ!とさせられる!4:13からのメロディック爆走パートもドラマティック!!
#5の1:16からのメランコリックなソロも泣ける!!
#6?10はThy Majesty。
#6は暴虐的なFast Black!!
Dark Armageddonに比べると愛想のない音だが(笑)メロ皆無の音かというとそうでもなく、#7の1:46ではドラマティックなフレーズが聴ける。4:01からも印象的なメロが聴け、さらに4:17からこのメロがblast爆走!!堪らん!!後半はメロディック爆走パートの連続!!
#8のイントロもなかなかドラマティックだ。本編は無愛想なリフのミドルチューンだが、3:21からいいメロを聴かせる。おっ3:48からのメロ展開は素晴らしい!!このソロいい!!5:54から高速2ビート疾走!!
#9も爆走Fast Black!!ぐほっイントロ0:17からメロディック爆走!!どっかで聴いた感のあるメロではあるが(汗)めちゃくちゃカッコイイ!!

両者とも独逸産らしい正統Fast Melodic Black!!Dark Fortressあたりが好きならば大満足のsplit盤だ!!


img531.jpg

Thy Majesty official

Obscure Mind/Lost Graveyard 「Under the Black Shadows」

2007.03.04.Sun.12:21
2004年 Brazil

このDarkness&Evil度5000%のジャケが堪らない!!タイトルも最高!!これこそまさにBlack Metal!!!当然ジャケ買いです(笑)。
ブラジル産ツインGt4人編成(Baは不在。本作レコーディング時はトリオ編成)True Black MetalバンドObscure Mindと、Occult Blasphemer氏(Gt)のひとりTrue Blackプロジェクト(本作レコーディング時はトリオ編成)Lost GraveyardのSplit盤。Obscure Mind5曲、Lost Graveyard6曲収録。
#1?5はObscure Mind。
#1ではイントロでのRawだが意外とメロウなGtリフが印象的である。初期BURZUMあたりに通じるリフだろうか。
#2はイントロのPrimitiveなメロディックblast爆走がカッコイイ!!スネアの音がロクに聴き取れないのが残念だ。カン高い声で絶叫するGrim Voがイイ味を出している。2:08以降はミドルテンポだが、3:14から再び爆走!!
#3、4もなかなか邪悪でカッコイイ爆走チューン!!#4は前半爆走、後半スローパートから再び爆走に雪崩れ込む構成がイイ!!
#5は序盤ではRawにひたすら爆走しているが、1:57からの不気味な叙情性を持ったミドルテンポ&メロディアスパートが印象的。3:12あたりのGtもイイ!
#6?11はLost Graveyard。
#6はなんとアコギによる美しく叙情的なイントロダクション!凶悪そうなルックスに似合わんことやっとるな(笑)。
#7は序盤は地味なミドルテンポ。薄メロGtが印象的ではある。1:57からblast爆走!!3:22からミドルテンポ。
#8も薄メロ爆走パートが印象に残る。
#10は再びアコギによるアウトロ。
その後に続く#11はボートラで、99年プロモからの曲。ミドルチューンだが0:55から爆走パートあり。……ただし音がペラいので迫力は皆無(汗)。

楽曲に関しては個人的にはObscure Mindのほうが魅力的だったかな。
両者ともUnderground臭プンプンのTrue Black!!


img421.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。