スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DISKARIAL 「Warpath To Eternity」

2009.12.20.Sun.10:57
2009年 France

ん?地味なジャケだ(笑)。
Julien Helwin氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの1stアルバム。全10曲41:33。
ジャケの印象からはプリかデプレかスイサイダルか? といった感じだが、音の方は意外にも正統的なFast Melodic Blackであった。Dark Funeralをもっとメロウにした感じだろうか? Helwin氏がメンバーとして在籍しているOTARGOSの音にも近い感触だ。
#2などはかなりエキサイティングなBlast爆走チューン!! Brutal Deathを思わせるリフ&リズムが緊迫感を煽る。ミドル?スローと爆走を交互に聴かせる曲構成。ミドル?スローパートでのメロディが印象的だ。
#4は薄メロ爆走イントロが最高にカッコイイ!! 堪らん!! ちとありがち感はあるが(笑)。
#5は序盤BrutalなBlast爆走で飛ばしながらもMelodic Death的キャッチーメロGtを絡ませる!! これはじょばばばばばばあーーーーーーっっっ!!! 恍惚ヘッドバンギング!! さらにミドル2:48での正統HMチックやりすぎメロディアスGtに仰天(笑)。
うぐおっ#6のメロディック爆走イントロ最高!!!! ぶ●っぶば●●●●ああ●●●あb?????????????っっっっ!!!!!!!!(脱糞) 悶絶しっぱなし!! これは間違いなく名曲!!!
#8のストリングスを絡めたもの悲しく叙情的な旋律も素晴らしい!! 泣ける!! しかし1:04でいつものBlast爆走に戻る(笑)。
#9終盤のメロディック爆走もイイ!!

これは愛聴盤になりそうだ。
Fastパートはあくまで凶暴にBrutalでありながらも、メロディもしっかり聴かせるという姿勢が非常に嬉しい!!
多くの人に聴いて欲しいFast Melodic Black!!


img772.jpg
myspace

スポンサーサイト

DRACHENFELS 「Bow Down Before Death」

2009.12.05.Sat.13:06
2008年 France

Julien氏によるひとりBlack Metalプロジェクトの1stフル……ではなくBestアルバムらしい。全8曲32:18。07年に出た100枚限定のDemo収録曲と大半が被っているが、2曲ほど差し替えられている。
Old Schoolな雰囲気のジャケの印象とは裏腹に、かなりメロディックな疾走Black Metal。Blast爆走よりも2ビート疾走が主体ではあるが。
ところでジャケ裏にあるHail and thanks to……欄(知り合いのバンドとかリスペクトしているバンド名がズラッと並んでいるアレね)を見ると、今は亡きあのHeathen Dawnの名がある。そういえば#2で聴けるGtのメロ使いや疾走っぷりはどことなくHeathen Dawnっぽい。もしや……? と思い調べてみたら

Julien氏はもとHeathen Dawnのメンバーですた。
↑とかデカ字で書いても「おおおおっっ!!」と反応するのは世界で10人もいないだろうな(寂)。

しかし個人的にこれは嬉しい発見だった!! 死滅したと思われていたHeathen Dawnの遺伝子がこのような形で生き残っていたとは!! しかも彼はHeathen Dawnの中心人物っぽい感じだしな。
#3もイントロメロディックGtがスウェディッシュ風でカッコイイ疾走チューン!!
ウホッ#5は序盤?中盤にかけてのBlast爆走がかなりエキサイティングなハイテンションメロディック爆走チューン!! これはかなりイイ!!
うおっ#7もイントロ爆走哀愁メロディックGtがかなりカッコイイ!! これはじょばばばばばばあーーーーーーーーっっっ!!! ミドルパート1:52からのGtメロがまたイイのよ!! 彼のクサメロセンスはまだ尽き果ててはいなかった!!
ああ……ラストのミドルチューン#8で聴けるメロも地味ながらHeathen Dawnを思い出させる……(感涙)。

まああの悶絶必殺クサメロチューン「Heathen Heart」に匹敵するほどの名曲こそなかったものの、これはなかなかのアルバムである!!
今後も活動を続けて、また素晴らしいアルバムを聴かせて欲しい!!!


img780.jpg
myspace

DOOMINHATED 「Inferno Caput Mundi」

2009.03.15.Sun.10:40
2007年 Italy

Lord Cabal氏(All instruments、Grim Vo)と女性Vo、LivさんによるBlack Metalユニットの2ndアルバム……と思ったら、どうやら04年リリースのDemo8曲にボートラ4曲を追加収録したものらしい。全12曲45:43。ちなみにLivさんはLord Cabal氏の奥さんだとのこと。
適度に重く湿り気のあるややSwedish寄り? のGtリフを駆使した正統的なBlack Metalをクリエイトしている。
#1はリフがドラマティックな爆走チューン!! クリーンGtによる静寂パートも印象的。
#2はメロウなリフが素晴らしい爆走チューン!! 
#3はピアノが印象的なへヴィ・スローチューン。低音が効いたノーマルVoも耳に残る。
#5はピアノ&(恐らく)LivさんのVoによる小曲。
#6は(恐らく)Livさんの「ア?ア?ア?」というVoから始まる裏打ち疾走BM曲。随所に挿入されるピアノもアクセントが効いていてイイ!! 
#7はBlast爆走パートが凄まじい!! 本作中、最もエキサイティングなパートだ。
#11もメロウなリフが印象的なスロー曲。Keyもちょっと入ってるな。LivさんのVoも大活躍だ。

メロウで重みのあるリフとピアノ&女性Voの味付けが印象的な正統Black Metal!!
1stでMercyful Fate「Melissa」のカヴァーやってんだな……。


img717.jpg
myspace


Dark Forest 「Aurora Borealis」

2009.01.31.Sat.14:35
2007年 Canada

David Parks氏によるひとりPagan/Viking/Black Metalプロジェクト(Drのみセッション・ドラマー)の06年リリース1stアルバムに05年のDemo4曲をボートラとして追加収録した再発盤。全12曲76:46。ジャケはKris Verwimp画伯ですな♪ Liveメンバー4人を率いてLiveも行っているようだ。ちなみに同名異バンドが他に4つ存在し(解散したもの含む)、またDARKFORESTというRaw Melodic BlackバンドがUSAに存在していた(現在既に解散)。まあありがちな名前ではあるな(笑)。
荘厳かつ壮大なKeyによるイントロダクション#1から幕を開ける。この辺はWINDIRあたりの影響を感じる。
#2は高速2ビート疾走からスタート!! 意外とTrue Black調だ。しかし40秒ほどで壮大な感じのミドルテンポへ。AtmosphericなKeyが魅力的だ。リフはメロウながらもややPrimitive寄り。詠唱コーラスもありますよ。ずっとミドルだったが、5:59から裏打ち爆走が部分的に入ってくる。
#3は初期COB調のキラキラKeyイントロにビックリ(笑)。即爆走!! キラキラ爆走!!(笑)1:04から壮大に寒々しくシンフォニック爆走!! この辺は北欧Black勢にも負けないカッコよさだ。
ぶはっっ#4の5:39からのシンフォニック爆走も劇的で感動的!! ParksさんKeyメロセンスが素晴らしいよ!!
#7はスローチューンだが、4:07からのGtソロが聴かせる!! やはりWINDIRの影響を感じるな。まあWINDIRほどの悶絶落涙レヴェルではないのだが。その後の「オ?オ?」と入る詠唱もイイですな♪
#8は本来アウトロとなる壮大なインスト曲。この大仰さが堪らん!!
#9?12がDemo収録曲。基本的にはアルバム曲と同じ路線……というか#10、11はアルバム曲#4、5と同じ曲でした(笑)。ヴァージョン違いではあるが。こっちのほうがKeyが前面に出てるな。

欲を言えばGtメロにもっとインパクトが欲しかったが、Keyがそれを補って余りある魅力を持っている。
壮大な引き込まれる力を持つForest Symphonic Viking/Black!!


img696.jpg
official
myspace

DRUZHINA 「Echoes of Distant Battles」

2008.11.23.Sun.22:33
2008年 Russia

懲りずにロシアちゃん。

てかこれイイ!!!
Key入り4人編成(DrがVo兼任)Slavonic Pagan Black Metalバンドの1stアルバム。全8曲63:23。#6は11:41、#8は18:08の大作だ。結成は2006年だって。若いね?。
#1はアコギとKeyによる牧歌性溢れるイントロダクション。
続く#2でいきなり失禁!!! じょばばばばっばあばああああーーーーーーーーーーーーーっっっ!!!!!!!
薄っすらとした壮大なKeyをバックに90年代Swedish Melodic Black/Deathを思わせるメロディックblast爆走!!! 堪らねええっす!!!! これはMelodic Death好きも反応するだろうな!!
VoはややLow Growl寄りの咆哮型。Drと兼任のLead Voはロシア語で、Keyの人はフランス語Voを(おそらく部分的に)担当しているらしい。この曲でもアコギが有効に活かされているな。
#3もアコギから始まる。このアコギが2分続き、怒涛のメロディックblast爆走!! このパターン好きだな! 俺も好きだ(爆)。しかしここでのVoは完全にLow Growlで、やはりMelodic Deathと呼ぶべきなのか? リフやリズムはBlack Metal的なんだが。壮大なKeyをフィーチュアしたミドルパートも印象的だ。終盤7:30のシンフォメロ爆走がまた堪らん!!!
#4の2:39からのアコギがまた叙情メロで堪らんのだが、どっかで聴いた感が……あっ!! 確かABIGORの1stで同じメロがあったぞ!! まあいいか(笑)。4:25からのメロディック爆走でまた失禁!! この曲ではBlack Metal的絶叫Grim Voも聴ける。
#5はKeyを活かした壮大でドラマティックな爆走イントロがBlack Metal版RHAPSODYという感じで素晴らしい!! 荘厳と暴虐の融合!! 悶絶!!
#6は落ち着いた感じのスローテンポから始まる。大作だからな(笑)。1:05からキャッチーなメロディックGt&キラキラKeyのミドルテンポに。そして!!
1:58から怒涛の壮麗シンフォニックblast爆走!!! すげえええええ!!!
この曲ではLow Growlと絶叫Grim Voの両方が堪能できる。おそらくDr氏とKey氏で分担してるんだろうな。中盤あたりのKeyソロもイイですなああ?。7:51のGtフレーズにもハッ!! とさせられる。
#7は前半アコギ・ソロ、後半Key&女性ノーマルVoというMetal色ゼロの爽やかナンバー(笑)。
ラスト#8は序盤スローテンポ。Power Metal/Melodic Death的メロディックGtリフが印象的。3:17からシンフォニックblast爆走!! その後スロー?ミドル?爆走。大作曲ゆえにミドル?スローパートの占めるウエイトが大きいが、爆走パートも随所にあるので退屈さは感じない。キツい人はキツいかも知れんが(笑)。本編部分は12:10あたりでフェイドアウトし、その後はピアノ&ヴァイオリン(?違うかも。まあ弦楽器だ笑)による叙情インスト・パートに移る。クラシックやジャズを思わせる上品な演奏でしっとりと終了。
いや実に素晴らしかった!!

俺同様、メロディック爆走が大好きな人に大スイセンだ!!!


img653.jpg
official
myspace

DEVATHORN 「Diadema」

2008.11.17.Mon.22:47
2007年 Greece

巨峰サワーかファンタグレープを思わせる色合いのジャケがキレイですな(爆)。
4人編成Anti-Christian Black Metalバンドの1stアルバム。全9曲35:49。
Rawでアグレッシヴな、リフやリズムからはOld School Thrash風味も感じとれるBlack Metalをクリエイトしているが、ギリシャ産だけあって随所に聴かせるメロディアスなパートもある。リズムはミドルと爆走パートがバランスよく配されているように思う。Voは中低音主体の吐き捨てVoで、この辺もギリシャ的か。
うおっつ#6序盤のメロディックblast爆走カッコイイ!!
#7中間部ミドルパートのGtも聴かせますなあ。
ぐううっ#8終盤のblast爆走激エキサイティング!!

Rawnessと抑えたメロウさのさじ加減が飽きの来ないバランスで保たれている正統Black Metal!!


img646.jpg
myspace

Devil-May-Care 「Wrong Life Philosophy」

2008.03.20.Thu.16:39
2007年 Russia

Key、女性Vo入り4人編成(KeyがVo兼任)Symphonic Black Metalバンドの2ndアルバム。全9曲56:48。ゲストミュージシャンとしてヴァイオリン奏者が参加している。ただしあまり前面にフィーチュアはされていない(汗)。Drはどうもマシーンを使っている模様?このKey&VoのElf氏(笑)は、以前はGothic Skyのメンバーだったそうな。現在はツインGtの5人編成になり、女性Voも別の人に交替している模様。
前作はB級丸出しのジャケがとても素晴らしかったのだが(笑)、今作はなんか変に垢ぬけて地味になっちゃったな。これはこれでキレイだけどね。
音はオペラティック女性Voとシンセをフィーチュアしまくりの爆走Symphonic Black!!Cradle of Filthが好きな人にはドツボな音である!!
VoもDani Filthっぽい、やや線細めの高音絶叫Scream。ただしKey/シンセのフィーチュア度はCradleより多めか。Cradle+初期Dimmu Borgirといったほうがいいだろうか?GtリフはBlack Metalとしてはやや厚めで重量感がある。
オペラティック女性Voと分厚いKeyと鋭くへヴィなリフが荘厳に、邪悪に爆走する!!まあありがちなんだが(笑)このテが好きな方は充分満足できるクオリティだろう。#3、4などはかなりドラマ性&暴虐性が際立つカッコよさに仕上がっている。
ちなみにラスト#9が終わってから数分間ブランクの後、9:00ジャストでシークレット・トラックとしてSLAYER「Dead Skin Mask」のカヴァーが収録されている。Devil-May-Care流にアレンジされていて、Keyと女性VoがフィーチュアされたSymphonic Black版SLAYER(笑)を聴くことができる。

Cradle of Filth、Dimmu Borgirタイプの劇的荘厳正統Symphonic Black!!


img098.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。