スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONIRICA 「COSASONORA」

2009.12.12.Sat.22:39
2009年 Italy

90年代に多くいたMelodic Black勢(特にSwedish系?)を思わせるバンド・ロゴがなんか懐かしいな(笑)。
Andrea Donaera氏(作曲、Gt、Ba、Dr Programming)とAlessandro Solidoro氏(Vo、Key)による Anti-Christian Black Metalユニットの恐らく2nd Demo。全8曲35:03。現在はAndrea氏のソロ・プロジェクトになっている模様。ちなみにエクアドルに同名Heavy Metal(Melodic Death?)バンドがいる。
音の方はMelodic Death的泣きのGtメロディを前面にフィーチュアしたMelodic Black。#2の序盤などは思わず初期 In Flamesを連想してしまったほどだ(笑)。しかし悲痛さを感じさせる絶叫系VoはあくまでBlack Metalであることを主張している。
#3の序盤なども悲痛な絶叫Voと爆走DrがしっかりBMらしさを描き出している。
しかし#4のようなミドルテンポ主体の曲だとMelodic Death色がいっそう強く感じられてしまうのは致し方ないか(苦笑)。
#5はかなりドラマティックで良質なGtメロディが耳に残る曲。本作のハイライトチューンといってもよいだろう。
#6はピアノやチェロ? をフィーチュアしたクラシカルな小曲。イタリー産らしいな(笑)。

メロデスファンにも楽しめるであろう良質Melodic Black!!


img773.jpg
myspace
スポンサーサイト

ORNIAS 「Death Bringer」

2009.08.08.Sat.11:32
2007年 Sweden

ん?地味なジャケだ(笑)。
個人的にこのテのジャケにはあまり惹かれないのだが、試聴してみたら悪くなかったのと、安かった($6USDくらいだったか)ので購入。
トリオ編成(GtとDrがそれぞれBa兼任)Black Metalバンドの1stアルバム。全10曲36:02。現在はVoが脱退して2人編成となっている(GtがVo兼任)。
盤を取り出すとトレイ下に死体? の写真があって引いた(汗)。ただ顔に血が付いている程度でGoregrind系のようなグログロ写真ではないのでひと安心(笑)。
ジャケの印象からはBrutalなFast Blackを想像させるが実際の音はそんなことはなく、薄っぺらいリフを主軸に据えた、随所でメロウなGtが堪能できる正統的SwedishスタイルのBlack Metalであった。
#2のメロディックBlast爆走パートを聴いて予想以上に自分好みの音で安心した。
Voはかなり迫力ある化鳥系絶望絶叫Grim Voice。このVoが脱退してしまったのは残念だな……。
#3スローパートでのメロディアスなGtフレーズも良いな。
序盤スローテンポから突如メロディック爆走に雪崩れ込む#4もカッコイイ!!
#6、7あたりはSwedish特有の浮遊しているようなメロウなGtフレーズが印象的だ。
#9の叙情的でメロディアスなイントロはひときわ耳に残る。しっかりBlast爆走パートもありますよ。
ラスト#10はクリーンGtによるミドル?スローのインスト曲。アウトロ的な曲かな。

ちなみにマイスぺでは新曲が聴ける。音もクオリティも変わってないようでひと安心。
禍々しさとメロウさが同居する正統Swedish Black!!


img759.jpg
myspace

OATHEAN 「Regarding All the Sadness of the World 」

2008.12.13.Sat.12:39
2008年 South Korea

女性Vo入りツインGt5人編成(GtのひとりがVo兼任)Korean Melodic Black/Death Metalバンド、待望4thアルバム!! 全9曲54:17。
何度か来日も果たしているバンドで、俺は一度だけKALPAのTシャツを着て(爆)参戦したことがある。その時に知ったのだが、バンド名の読みは「オーディーン」だそうな。俺はそれまでずっと「オージアン」とか「オアシアン」とか読んでたよ(爆)。当時いたKeyのキレイなお姉ちゃんは脱退してしまったようだな……残念(涙)。
#1はしっとりとアコギから始まるイントロダクション。女性Voと笛が東洋的旋律を奏でる。後から男性Voも参加。この辺は欧州バンドには出せないアジアンバンド独特の個性だな!!
#2はエキサイティング2ビート疾走からスタート!! 20秒ほどでミドルテンポへ。GtリフはMelodic Death的な適度な重量感を持ったものだ。VoもここではLow Growlだな。3:01からKeyとアコギによる美しい間奏に入る。再びへヴィ・リフ&ミドルテンポに。隠し味で入るKeyがイイ感じ。6:13あたりから70年代Hard Rockっぽいソロが入る。何気に新鮮(笑)。
#3では絶叫Black Voiceも登場する。落ち着いた感じのミドルチューンだが、悪くない。女性ソプラノVoが大活躍している。後半から疾走するが、この辺はありがちなメロデス風でイマイチか。狭間のミドルパートでピアノが叙情性を出している。おっ5:28からのシンフォニック疾走&blast爆走はカッコイイ!!
#4のイントロもメロデス調(笑)。カッコイイんだけど、どっかで聴いた感が強いのがマイナスか。初期 In Flamesっぽいか? 4:00あたりから突如入る民謡調? 男性Voが強烈な個性を出している。演歌っぽくもあるな。好き嫌いは分かれそうだ(苦笑)。
#5は中間部の正統HM調Gtソロがイイですな♪
#6はストリングスの入ったイントロが美しい!! その後はメロデス調へヴィ・リフ&ミドルテンポ。1:04から2ビート疾走!! 1:26で溜めて、一気にメロディックblast爆走!! ここカッコイイ!! その後またメロデスミドルテンポに。
#7もメロデス色強い曲だが、序盤のストリングス2ビート疾走&blast爆走パートがイイ!! この曲も途中で入る東洋チックな笛と女性Voがいい味を出している。うおっ6:01からのストリングス2ビート疾走イイ!! メロスピっぽい(爆)。
ラスト#9は女性VoがリードVoをとる曲。ピアノも印象的。スローテンポのGothic色強い曲だが、終盤近く5:14から突如爆走!! Voも男性Grim Voに。この美と醜のギャップがイイですな?と思ったら、この爆走パートは1分ほどでフェイドアウト。もっと長くやってもいいんじゃない?

以前からMelodic DeathとBlack Metalの狭間を行ったり来たりするような作風のバンドだったが、今作はMelodic Deathの比重が大きいな……という感触だ。
メロデスGtリフ&ミドルテンポのパートは個人的に少々中だるみを覚えるが、全体的には今作も優れた作品となっている。
東洋風味の効いたMelodic Death/Black!!


img656.jpg
official
myspace

Obscure Devotion 「...Of Darkness, Death And Faith」

2008.06.19.Thu.23:02
2006年 Italy

トリオ編成(GtがVo兼任)Black Metalバンドの2ndアルバム。全8曲38:41。1stは1999年だから、かなり久々のリリースである。Drはセッション・メンバーということらしいが、正式メンバーではないのかな……?アルバムのブックレットには正式メンバーっぽい書かれ方をしていたが。彼は他にもFrostmoon EclipseやHandful of Hate等、多数のBlack Metalバンドに関わっているようだ。
1stは地味めながらも俺的には好感の持てるBlack Metalアルバムだったが、今作もまあそんな感じだ(爆)。
ややDeath Metal寄りのへヴィめなGtリフ、Maidenチックなメロディラインが特徴か?……あんまないんだよね、コレといった特徴が(汗)。でも好きなんだよな?。リズムはミドルがメインで、随所にblast爆走が切り込むといった感じか。
#5はメロディックblast爆走イントロがかっこいいハイテンションチューン!!
#6はBaラインがかなり前面に出ている曲。この辺もMaiden的か?
#7、8はLow Growlも登場するOld SchoolなBlack/Deathといった感じの曲。この2曲はあまりキャッチーなメロディはないな。良くも悪くも。

正直万人に勧められる作品ではないが(笑)、こういう地味に頑張ってるバンドは個人的に是非とも応援したくなる!!
オーセンティック正統Black Metal!!


img137.jpg
official
myspace

OBSCURE 「Shedded Blood」

2008.06.08.Sun.20:48
2007年 Turkey

トリオ編成(Vo、Gt、Ba)Black Metalバンドの1st。全8曲29:27。例によってフルとは認めたくない長さだ(苦笑)。大半の曲が3分?4分台というコンパクトな長さである。Dr1名がセッション・ミュージシャンとして参加している。現在はさらにGtがもう1名セッションで参加しているようだ。ちなみに同名Black Metalバンドがオランダに存在していた(現在活動しているかは不明)。
怒涛のごとくblast爆走しまくる暴虐Dr!!迫力の絶叫Vo!!適度に薄メロなGt!!破壊力抜群のFast Blackである。Dark Funeralあたりに近いスタイルだろうか。
実は全編爆走しまくっているわけではなく意外とミドル?スローパートも多かったりするのだが、よく聴いていないとそうは気付かないほどアグレッシヴな音像を創り上げている。これはDrやGtだけでなく、Voのアグレッシヴさによる力が大きいような気がする。
しかしやはりDrの破壊力は凄いもので、#1や#3で聴ける怒涛のblast爆走は耳が痛いほどだ(笑)。
それでいてしっかり聴かせるメロウなパートもあり、#5の間奏や#6イントロのメロディックblast爆走などは実にカッコイイ!!
ラスト#8もなかなかメロディックなGtが耳に残るミドルチューン。1:38しかないが(笑)。

全編破壊力に満ちたDark Funeral型Fast Black!!


img133.jpg
official
myspace

ORCRIST 「Black Blood Raised」

2008.04.26.Sat.15:44
2006年 Italy

トリオ編成(GtがBa兼任)Black Metalバンドの6曲入りミニ。トータル24:22。現在はVoとGt/Baが交代していて、VoにはISVINDのGoblin氏が加入している。うへっISVINDってまだ活動してるんだ……。このORCRISTの中心人物は唯一のオリジナルメンバーであるDrのGrav氏と思われる。スロヴァキアの女性Vo入りMelodic Gothic/BlackバンドORKRIST(現在既に解散)と混同されないよう注意。
音のほうはジャリジャリいう極悪リフを駆使した全編爆走しまくりのRaw Primitive Black。しかし俺が気に入るくらいだから(笑)薄メロではあるがしっかりとメロディアスなGtも活躍している。
このテのバンドとしてお約束なのか例によってスネアの音がよく聴こえない(爆)。Voは中低音の吐き捨てタイプ(Low Growlではない)。
おっ#2序盤0:24からのメロディック爆走はかなりカッコイイ!!極悪リフとのコンビネーションがなかなか美味である。
#3もなかなかドラマティックな薄メロ爆走チューンでイイ!!中盤にミドルパートを挿むが、後半も再び薄メロ爆走!!
個人的にはこの#2、3あたりが秀逸だと思う。
しかしもう少しリズムチェンジなどを増やして(ないわけではない)一本調子にならないよう工夫をするともっと良くなるのでは?と思ったりもしたが、多分それは余計なお世話なんだろうな(笑)。

なかなかカッコイイ荒涼感溢れるTrue Black!!


img532.jpg

official
myspace

odor mortis 「spasi i otsosi」

2006.10.13.Fri.22:57
2005年 Russia

このいかにもダメそうなジャケ(笑)に、自分が買うべきアルバムかどうか非常に迷ったのだが、バンド・ロゴが好き系っぽいデザインなのと、ロシア産ということで購入(凄い理由だ笑)。
Key入り5人編成Black Metalバンドの1stアルバム。
おっ、これは……チェロか?ストリングスとクラシカル男女コーラスで始まる実に意外なイントロダクション(笑)。後半空襲のSEと行進曲っぽいDrのリズムでダークかつ不穏な空気になっていくが。
#2は爆走Blackチューン!!なんとバックにうっすらとだが壮麗なKeyが入っている。まあメンバーにKeyがいるから当然といえば当然なのだが、なんか意外(笑)。ジャケのイメージがシンフォ系と結びつかないんだな。Gtリフも薄メロではあるが、なかなか聴かせるパートがある。
#3はメロウなリフ+blast爆走というインパクト充分のイントロ!!0:48からのメロディアス2ビート疾走もなかなかカッコイイ!!これは買って正解(笑)。
#4は無愛想なリフにblast爆走で始まるが、1:07からKeyが登場。後半3:50からのKeyがまた幽玄さを見事に演出していて素晴らしい!!
#5はイントロから寒々しいKeyが2ビート疾走!!0:39からメロウなリフがblast爆走!!おお、この曲は完全にSymphonic Blackだ!!いちばん好みっぽい(笑)。
#7はSwedish Black的メロディーを持ったGtフレーズが印象的な爆走曲。
ラスト#8も、爆走Fast Black!!……だが、特に耳に残るパートがないのが残念。

基本的にはFast Blackなのだが、随所にメロウなGtやKeyなどが入っていて、ドラマティックな演出をしてくれている。
北欧型正統Black Metalとして、なかなかの出来だと思う。


img349.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。